汚れた空き瓶をリサイクルに出す前に事前にしなくてはならないこと

汚れた空きビンをリサイクルに出す前にきれいにする方法

>

汚れている空き瓶をリサイクルに出す前にきれいにする方法は

時代が変わりゴミ出しルールも変化している

昔と比べて世の中も大きく変わっていくものでゴミの出し方も昔と今では大きく変わったもので、昔は燃やせるか燃やせないかが唯一ゴミ出しの区別だったのに対して、現在は地球環境の悪化からかゴミを分別する動きが活発になり、現在では種類を細かに分けて分別して出すことが義務付けられています。
特に自然に帰らないごみといわれるプラスチックや瓶、缶の類は必ず回収ごみとして回収することが重要になり、瓶、缶は別回収に、プラスチックは資源物として回収されるようになりました。
これには海洋プラスチックの問題やゴミ埋め立て地域の問題が大きく関係しており、これ以上自然を破壊しないという信念のもとに行われている施策と考えられています。

細かく種類分けされ分別して出すことが義務

よって現在では細かくゴミは分別して出すことが義務付けられており、分別をしないと当然ごみは回収してくれませんし、自治体によっては条例で罰せられるところもあり厳罰化が進んでいます。
しかしまだ日本は緩い方でヨーロッパなどは数十種類にも分別を義務とされている国もあるようで世界中でどんどん厳しくなっているようです。
この分別がうるさく言われるようになったのはやはり地球温暖化の影響が深刻化してきたころからで、同じくして海洋に山のように投棄されているビニール、プラスチックごみの問題がクローズアップされるようになってからと考えられます。
自然に帰らないごみを産業発展のためにまき散らしてしまった人間たちの所業が改めて問われる形となっています。


この記事をシェアする