汚れた空き瓶をリサイクルに出す前に事前にしなくてはならないこと

汚れた空きビンをリサイクルに出す前にきれいにする方法

>

特に汚れやすい空きビン類をリサイクルに出す前にすることは

空き瓶は古くから再利用活動を行ってきた

このように昔から日本ではリサイクルの意識が強かったわけですが、現在リサイクルとして扱われている空き瓶は江戸時代の日本ではすでにリサイクルの対象でした。
醤油や油などの空き瓶を売り手が回収して洗浄した後同じものを詰めて売っていたという記録が残されているように江戸時代の日本はかなりのリサイクル社会であったと考えられています。
しかし時代は流れ、高度経済成長期からの日本はすっかりその精神を忘れてしまい、公害を出し続け大地の健康を著しく害してきました。
そのツケが今の時代になって襲ってきているのではないかと思います。
これからの日本は無駄なごみは出さない、作らないを徹底して行い負の遺産をすべて回収して次の時代へ臨むべきではないかと考えます。

最新技術でさらに有効活用されている空き瓶

特に我が国では江戸時代からリサイクルされていた空き瓶、これはしっかりとリサイクルして先人の教えの通り活用押していかなくてはいけません。
現在はリサイクルにも最新技術がつかわれるようになり、もちろん、一般家庭で捨てる前に洗浄するのは当たり前ですが、リサイクルの現場に行ってからも処理はしっかりと行われ徹底的に戦場と消毒が行われます。
その後そのまま利用するものは原型のまま加工に送られ再生されます。
また現在はいったん溶解処分して元素の状態にしてしまい異なる用途のものへ再利用されるものが増えてきています。
このように最新の技術でリサイクルするうえでわれわれが気をつけなくてはいけないことはまず瓶のふたは素材が違うものが多いので分別しましょう。
さらに中身はしっかり洗剤を使って洗浄して捨てましょう。
これらが意外とできていない人が多いので十分に注意してからするべきことを必ずしてから分別ごみへ出しましょう。


この記事をシェアする